旅館の仲居さんに転職して、中抜けが3時間もあるが一日ほぼ仕事のようなものなので休憩と仕事のメリハリをつけないとずっと仕事をしている感覚になる話

旅館の仲居さんに転職して、中抜けが3時間もあるが一日ほぼ仕事のようなものなので休憩と仕事のメリハリをつけないとずっと仕事をしている感覚になる話

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
21歳

【当時の職業】
旅館の仲居さん

【当時の住まい】
寮生活で私の他には4人ほどいた

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
今は退職し主婦





【就職のきっかけと経緯】
旅館で働いてみたいと思い、住んでいる隣の県で近くて実家と行き来できる範囲で探していたところよさそうで有名な旅館の求人を発見したため。

【環境と仕事内容】
主な仕事内容は、配膳、おもてなし、掃除等をして、出勤時間は早朝だったり9時や午後からのときもありバラバラだった。
休日は1週間で平日に1.2日程度で、各自一部屋あり水回りが共同の寮生活でした。
職員の人数は旅館全体を合わせると結構いたが仲居さんの数も10人以上はいた。
職場環境はベテランさんばかりでみなさん仕事ができる方で手取り足取り教えて頂きすぐに覚える方が出来たし職場の雰囲気もよかった

【大変だった時期】
寮での一人暮らしだったので荷物の移動から始まり、朝が早いので4時に起きて5時半には仕事を初めての毎日だったのが辛かった




【大変だったこと】
職場の内容が動くことが多くて、座ったり立ったり、座ってることが多かったりと、胴体の上げ下げが激しかったので毎日コルセットをしていたがコルセットをしてないと腰が痛くなったりもしたところが一番辛いところだった。
また労働時間では、中抜けがあり、朝早く仕事をして3時間ほど休憩があって午後や夕方からまた出勤して夜遅く帰ったりしていたのでお休みをいただく時以外の仕事期間中は、あまり疲れが取れずに一日中仕事している感じがした。
旅館にはいろんな方が来るので、お客さまの機嫌を損ねないような接客態度をとったりお客さまの様子を全体的に見回して状況判断したりと常にお客さま第一に考えていたところも大変だったところの一つでした。

【大変だった期間】
一時的でした。




【当時の心境】
私の寮が職場から歩いて1.2分の近いところだったので職場に通うのは苦ではなかったが近すぎてか仕事モードからすぐには切り替えが出来なかった。
実家から離れて初めての職場だったので不安もあったし一人という寂しさ等も感じたこともあったが同じ寮生活をしていた同僚と仲良くなってからは楽しくて一緒に頑張れたしその同僚がいたお陰で続いていた部分はあった!

【職場が大変だった原因】
どの職場でも私と同じ立ち位置だとしたら仕事内容は大体一緒なので大変かと思います。
なのでしょうがないとは思います。




【仕事で良かったこと】
私の接客していたお客さまからお礼を言ってくださったり、感謝していただけたときなどは嬉しさややりがいを感じることができた!また片付けをした際には、全て元の状態まで綺麗になったときに毎回達成感を感じていた。




【特にひどかった最悪の出来事】
私が働いていた職場のお客さまの朝の食事は、バイキング形式でのご提供でしたので、バイキングが始まりみなさんがそれぞれ自由にお好きなものを好きなだけとって頂き美味しく召し上がっていただいてたのですが、そのお客さまの中には、たまに、とるだけとって全然食べずにお皿には残飯が大量に残っていたときはとてもショックでした。
裏で料理人さんたちが一生懸命作って下さった料理やその料理をしているところもみていた私にとってはとても残念でしたが言葉にすることができずただみていただけしか出来なかったことが私の中でマイナスな思い出です。
私もそうでしたが、仕事は全て大変で楽ではないと知ってなおさら忘れらはない思い出となりました。




【相談した人・助けてくれた人】
私が働き始めて半年後くらいに2歳年上の同じ仕事内容の女の人がいて、仲良くなってからは一緒に出勤したり、休みの日も一緒なときはお出かけをして、寮が一緒だったので仕事終わりもお話しをしていたのでよく相談にのったりのってもらったりして一日のストレスをお互い発散していました。

【改善のための行動】
朝が早かったのが大変だったのでとにかく早寝早起きを徹底して改善した!その結果仕事も捗ってきたしテキパキ動くことができた。
あとは仕事柄、動くので腰が痛くなるためコルセットをつけたりサポーターをつけたりしていた




【現在の状況と心境の変化】
働いたときから数えたら6年ほど経っているが、あのときの経験はとても良かったのだと思える!専業主婦なので環境はガラリと違うけれど、大変なこともあって、でもそのときの職場で忍耐力がついたのと、メンタル面も強くなり、母になって少々なことでメンタルは弱まらないし、いざ行動するときは過敏に行動できているのはそのときの職場で働いていたことが大いに関係しているんだなーとたまにはと思っている。

【学んだこと】
人との接し方を学びました!前までは人がどう思うと関係ないと思っていたし人がいま何を思って何を考えてなにがしたいのか?なども考えるとこがあり、自分が?したら喜ぶかな?という気がきくようなことを考えるようになった



【当時の自分へのアドバイス】
仕事上とても動く作業ばかりなので、からだに負担をかけすぎず、無理はして働いてはいけないと思う!体が壊れる前に体と相談して、休みの日など、休める時にゆっくり休まないといけない!また仕事と寮の行き来が近いと感覚がすぐに切り替わらないから近すぎても良くないと思ったからその辺を当時の自分にアドバイスしたいと思う

お役立ちサイト&関連サイト紹介




【訪問販売の営業はもう辞めたい】ノルマも辛いこの仕事を定年までするのは無理だし未来がない