【ホテルフロント業】女性一人での夜勤帯。オールインクルーシブでアルコール飲み放題プランがついていることもあり酔っ払いの対応が大変だった。1晩に5人もの人が嘔吐したことは忘れない…

【ホテルフロント業】女性一人での夜勤帯。オールインクルーシブでアルコール飲み放題プランがついていることもあり酔っ払いの対応が大変だった。1晩に5人もの人が嘔吐したことは忘れない…

【性別】女性
【年齢】(仕事が大変だった当時)
25歳

【当時の職業】
フロント

【当時の住まい】
賃貸マンションで同棲していたとき、彼が働かなかった

【その仕事はまだ続けてる?もう辞めた?】
転職して、違う業種で働いている





【就職のきっかけと経緯】
転職活動中の繋ぎとして時給社員として働きました。
接客の基礎を学べることや家の近さ、夜勤帯の時給の良さで選びました。

【環境と仕事内容】
仕事内容 フロント兼接客業務、調理補助
設備、規模 客室数46室 オールインクルーシブ的なホテル
人数 日勤帯8人 中勤帯10名 夜勤帯3名
自分のポジション 中勤、夜勤の時間帯責任者 シフト作成係
給料日 月末締め翌15日払い
休日 月に2日 14-翌9時までの勤務が週3 その他は18-翌9時
給料 この勤務で40万オーバー貰えておりました

【大変だった時期】
系1年ほど働いていましたが、各職種事に壁を感じ連携が取りにくかった(連携取ろうとすると上司が嫌がる等)




【大変だったこと】
人間関係が悪く根強い職種差別があり、新規雇用した人も居づらい環境にあり無断欠勤や出勤しなくなることが多く、長く働いてる人も新人さんがある程度仕事覚えたら辞めてしまう等で人数もとても少なかった。
また夜勤は休みがなく月2回ほどしか休みなく、中勤帯も任せられてたので1日18時間近く働いていた。
給料は沢山貰えていたがじぶんのじかんがまったくなく、なんで働いているか分からなくなることもしばしばありました。
人数が少なく十分に清掃業務が行き届いてないこともあり、クレームも沢山ありました。
上司は『安さが売りだから文句ある客は二度と来なくていい』『めんどくさい客はどんどん出禁で良い』等、こちらに非があるにも関わらずお客さんに強く出ていたので凄く引きました。

【大変だった期間】
入社後すぐ?辞めるまで続きました




【当時の心境】
もはや苦痛とかは感じずにただひたすら毎日働いていました。
ただ最初のホテル業務で何かを学ぼうとしていた自分は間違いだったのか問い質す毎日でした。
しかしお客様アンケートで私のことが良く書かれている事が暫しあり、そのホテルでは自分が一番良い対応していると感じある意味自己肯定感は上がりました。

【職場が大変だった原因】
会社の体質と何も変えようとしない上司、上司はホテルのお局さんと交際しておりどうしようもない環境でした。
そのおかげで居心地が悪かったり、他の従業員も苦労していました。




【仕事で良かったこと】
お客様アンケートで自分の事が書かれている事がしばしあり、このホテルには自分が必要なんだと良くも悪くも思わせられたことです(笑)
ブラックで休みがない=給料はばりばり支給されるが使うタイミングがない
で、貯金は沢山出来ました!




【特にひどかった最悪の出来事】
異動で他のホテルに配属されたある日、あったことも無い本部の人間が抜き打ちで宿泊されていました。
その後スタッフ休憩所にずかずか入り込み、禁煙のところで喫煙を始めあれやこれやと文句を垂れ流していたので
まだ誰か知らずにお客様だと思っていた私は、別のところで対応しようと思い
移動を促したら突然怒りだし『お前は挨拶もできないのか』『店長呼べ、お前なんか首にしてやる』って言わたことですね。
それがきっかけでこの会社は根本的に腐ってる、組織改革を掲げているが肩書きだけなんだろうな
と思い、辞めることを決意させてくれました。
上の人間がこうだから下についてる各地のホテルの人間も変わらないんだと思い、何も望まなくなりました。




【相談した人・助けてくれた人】
職場に相談できる人や頼った人はあまりいないのですが、既に同じような理由で退職した人が
ご飯に連れてってくれ愚痴を沢山聞いてくれたことがあります。
そこからは月2しかない休みをその人との時間に割くようになり、何も言わず何も言葉くれるわけでは無いですが救いになりました。

【改善のための行動】
上司とコミュニケーションを撮ること、他部署とも連携が取れるよう間に入るように努力しました。
それを快く思わない人ばかりだったので、結局自分が押しつぶされてしまいました。
しかし他部署の方は私の努力を認めてくれ、徐々に連携やコミュニケーションを取れるようになりました




【現在の状況と心境の変化】
それから1年半、当時から付き合っていた彼と結婚目前になり
その時の貯金がすごく役に立っています。
その彼と事業をしていることもあり、仕事もプライベートもとても充実した毎日を送れています。
現在は個人事業主として各地を回り、スキマ時間で仕事をする毎日ではありますが
個人のレベルアップのためもっと頑張って生きたいと思います!

【学んだこと】
良くも悪くもなんだかんだ人間関係はとても大切だと気づきました。
また自分が与える影響も少なからずあったということだと思うので、話し方や雰囲気などを大切にして人と関わるよう心がけております。



【当時の自分へのアドバイス】
あの時は円形脱毛症になりとてもストレスが溜まっていただろうけど、その時の苦労した経験も後々生かせる事があるかもしれないので頑張って欲しい。
また小さな努力でも積み重ねにはなるし、家族や友人が支えてくれ、見てくれる人も居るのだからめげずに。
辛いことの先にはいい事もあるのだから、息抜きもほどほどにし頑張ろう!